ホーム > アーカイブ > 2015年8月のアーカイブ

2015年8月のアーカイブ

川崎マンション リフォーム 和フローリング

今回川崎市のリフォーム工事現場でDAIKEN製のフローリング『日本の樹』の杉を採用しております。
和のモダンさを感じさせる格子デザインに周囲にすっと溶けこんでいく奥ゆかしさ。
トータルコーディネート性に優れたテイストとなっています!

あったかみのある感じでしっかし溶けこんでます!

無垢杉フローリング・壁パネルを採用したマンションリノベーション

川崎市、多摩川の緑地に近いマンションのリノベーションで
宮城県の南三陸の無垢の杉材を採用しています。

製造元の 丸平木材株式会社 
社長の小野寺様に来社いただきました。

サンプルからも杉のいい香りがします。

無垢木材ならではの柔らかでさらさらな気持ちよさは、
素足でフローリングに乗ると実感します。

自然乾燥の技術による木材の含水率が10~15%と
住宅建材として理想的な状態で加工・出荷されます。

杉の油分や発する香り(成分)には空気中の雑菌に対する殺菌作用があるそうです。
住む人の身体への効用として、風邪が引きにく、インフルエンザにもかかりにくく、
精神安定作用もあるそうです。

そして肌で感じる柔らかさ。
幼稚園・保育園などの改装、新築では最近床壁材に杉をふんだんに使う事例が本当に多いようです。
実際にうちの子供たちの通っていた幼稚園でも3年前の全面改装で
教室や遊戯室、図書室内は床も壁も無垢の杉材で仕上げられています。

もうすぐ、この杉材を採用してくれたお客様宅の改装工事が完成です。TY

ホーム > アーカイブ > 2015年8月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る