中古マンションリフォーム・リノベーション、デザインリフォームの株式会社ジークが運営する「東京リノベーションスタイル」

中古マンション選びのポイント|中古マンションリノベーションは東京リノベーションスタイル
リノベーションに適したマンションの選び方。
リノベーションやデザイナーズリフォームを前提とした中古マンション購入の場合には、
通常の中古マンション選びに加えてチェックしておきたい点があります。

マンション全体の管理が行き届いているか?

リノベーションや、デザインリフォームをする場合、お部屋の中にかんしては満足のいくリノベーションができたとしても、共用部分についてはもともとのそのマンションのものを使っていくことになります。したがって、マンション全体のメンテナンスがしっかりしているかを確認しましょう。マンションの周辺をぐるりと一周回ってみてください。もし外壁や非常階段など、共用部分に劣化がみられる場合、修繕工事が数年以内に予定されているかを確認しましょう。計画が全くない場合は、管理が不十分である可能性が高いといえます。

管理の状態が良いマンションの見分け方

  • 廊下、エレベーターの掃除が行き届いている
  • ゴミ捨て場にごみ捨てのルールが張ってあり、悪臭などがしない
  • 鉄部分のチェック(非常階段や手すりなどの金属部分にさびや痛みがないか)
  • 掲示板に最新の共有情報が掲示されているか
  • 修繕履歴を管理会社に見せてもらい、チェック。書類に細かい記入があれば、管理組合の活動は熱心だといえる。

部屋の中でリフォームできない場所がないか?

マンションにはそれぞれの部屋が持っていて、自由にリフォーム、リノベーションできる「専有部分」と管理組合の許可が無いとリフォームできない「共用部分」と呼ばれる2つの個所に分類されています。ただし、「専有部分」にもリフォームできない個所があります。例えば、マンションの構造を支えている個所(外壁や柱など)はリフォームすることはできません。どこをリフォームできるのかをより詳しくご存知になりたい場合は、図面を準備のうえ、東京リノベーションスタイルまでご相談ください。

管理規約は細則もしっかりチェック!

管理規約の内容は、必ず購入前にチェックしましょう。特に、リノベーションやデザインリフォームを考えている場合、思いがけない規約を設けている場合があるので要注意。例えば、「フローリング禁止」といった項目がある場合もあります。

電気容量は十分か?

マンションでは、建物全体で使用できる電気容量が決められています。自分の住宅の部分だけを勝手に増やしてしまうことはできません。SOHOとして住居兼事務所で使用する場合など、容量を増やす必要が出てくることがあります。十分なアンペア数がない場合、購入前に、管理組合に電気容量を増やせるか確認しておきましょう。

耐震性が高い物件かどうか

1981(昭和56)年以降に建築許可が下りている建物は、耐震強度が、現在の新築物件と同じレベルで建てられています。税制上の優遇もあるので、新耐震基準を満たしている物件を選びたいところです。1981年の新基準施行以前に設計の建築確認を取っている建物については、耐震診断をしているかどうかを管理会社や管理組合に確認してみましょう。マンションの耐震診断は数百万かかる場合もあるので、実際に行っているマンションはまだまだ少ないのが現状。しかし、資産価値が高いマンションの中には耐震補強工事を行っているものもあります。

耐震性に不安がある建物の見分け方

  • 建物の下が駐車場になっていないか。建物の下に駐車場がある場合は、壁面積が少なく耐震性能が劣る場合があります。
  • 階段周りの柱の太さや、柱・壁に亀裂が入っていないかを確かめましょう。
  • 建物の土台や外壁、基礎の周りに大きな亀裂などがないか。

リノベーションやリフォームに適した構造か

マンションの構造によっては、リノベーションやリフォームに制限が出てくる場合があります。

壁が取れるか?
廊下を広く取りたい、2つの部屋をつなげたい、と思ってもRC構造壁や外せない柱は、どうすることもできません。マンションが壁式構造の場合に多く見受けられるので、撤去できるかどうかの判断のために、お早めにご相談ください。

水廻りが移動できるか?
築年の古いマンションでは、排水管などが床下に入り、階下の天井裏を通っているため、お風呂、キッチンなどの移動が難しい場合があります。またタテ管スペース(PS)の位置やレンジフードなどの排気ダクトのルートもチェックが必要です。

IHや電気床暖は可能?
電気容量と専用回路の確認が必要です。既存で不足であれば容量アップの制限が。
スタッフが購入検討時から同行サポートいたします。気にかかる点はご相談ください。

「いいな」と思う物件があったら、東京リノベーションスタイルのジークまで!

中古マンションを購入する際、リノベーションに適しているかどうかを判断するためには、第三者的な専門家の目が必要だと考えます。売主の方や、不動産業者の方は良心的な方がほとんどですが、そうは言っても建物のマイナス面はなかなか正直に教えてくださらないもの。マンションの構造上の問題点や、躯体の状況、給水排水設備など、「見えないけれど、大切なところ」のチェックは、リノベーションの専門家集団である東京リノベーションスタイルのジークにお任せください。

  • 建築家と創るリノベーション相談会開催
  • リノベーションスタイルならこんな空間作りができます。
  • リノベーションの基礎知識
  • リノベーションの流れ
    • 物件をお持ちの方
    • 中古物件探しからの方
    • 空室対策をお考えの方
 (不動産管理会社・賃貸物件オーナー様)
このページの先頭へ

東京リノベーションスタイル お問合せ 0120-504-419